川崎回遊記(お店レポほか)

2018年末、某大手証券会社を退職。現在は、川崎駅徒歩圏内クーポンアプリ【掘り出せ!黒ダイヤ!】をリリース、運営しています!ここでは、「お店の体験レポート」や「活動の記録」、「仕事と絡めた時事への雑感」などを投稿しています。(いちおう毎日更新、仕事をサボらないように…笑)

LINEでのコミュニケーション

line-no-kotae.com

 

2月1日から始まる新ドラマです。

 

(あらすじ)

東京・恵比寿にあるレストラン“グランロッサ”で開かれた一日料理教室。そこ集まった年齢も職業も全く異なる6人の男女―

 

ITベンチャー社長の安井司(古川雄輝)、アパレル企業プレスの新見恵理乃(大西礼芳)、外資系商社マンの藤城幸也(黒羽麻璃央)、モデルの吉川沙羅(筧美和子)、恋愛小説家の徳川良正(眞島秀和)、テレビプロデューサーの笹川佳奈子(坂井真紀)。オーナーシェフ・岩佐(和田正人)に導かれ男女ペアに分かれ料理を開始するが、料理をしつつも初対面の男女想いが交錯する。料理教室後、安井は沙羅を送っていき、LINEを交換し、すぐにデートに誘うのだが―。

 

恋愛ものですね。

 

キャッチコピーは「既読スルーを経験したすべての男女へ贈る」ですって。

 

LINEでのコミュニケーションによる、すれ違いなどでストーリーを盛り上げていく感じでしょうか?

 

細かい内容は分かりませんが、私が引かれたのはただ一点、「タイトル」です。

 

「LINEでのやり取りって、誤解が生じやすいよね!」に共感しました。

 

LINEでのコミュニケーションに触れるなんて、今更過ぎるんですけど、私以外にも多くの方が、この「誤解」を経験しているのではないでしょうか?

 

返信を打つ際も、なんだか気を使いませんか?

 

「あ、この文章だと別の解釈できちゃうから書き方変えなきゃ…」とか、

 

「“。”で終わると、なんか怒ってるみたいだな…。でも“!”だと凄く怒っているように取られるかも…。よし、😁で終わろう」とか。

 

相手から返信が返ってこないと、「あれ?なんか変なこと書いたっけ?」って見直してみたり、返信に困ってスタンプで誤魔化したり。

 

でも、ちゃんと伝わったか不安を感じることがある割には、後から「答え合わせ」なんてしないですもんね。

 

気づいていないだけで、誤解は生じたままなのかもしれません…。

 

このドラマが流行って、「誤解」に焦点が当たることになれば、LINEでのコミュニケーションは少し丁寧になるのかもしれませんね。

 

まあ私は、ドラマ自体、見るかどうか微妙な感じですけど😅

 

LINEって、面白いですよね。

 

(喧嘩以外の)会話にも、メールにもなかったオプション「分かりやすい無視(既読スルー)」ができたことで、より相手の心境を想像させられるようになりました。

 

LINEでのコミュニケーション…、皆さんは好きですか?

 

本日は以上です。

「頭の良さ」とは?

news.goo.ne.jp

 

ホリエモンこと堀江貴文さんがテレビに出ない理由。

 

「時間拘束長いし、杉村太蔵みたいなアホなコメンテーターと話ししてると会話にならなくてイライラして、そのイライラが視聴者に伝わってヒール役にされちゃっていい事ないから」

 

だそうです。

 

うーん、私の堀江さんのイメージは、そもそもヒール役だけど、ご本人の頭の良さで「批判的な目をねじ伏せている」って感じなんですけど...。

 

この人って、博識だし、お話しは面白いと思うんですけど、話を聞いてるだけで何だか馬鹿にされてるような気持になってきちゃうんですよね😅

 

自分の知らないことを、「知っているのが当たり前」のように話されるからなのか?そもそも人のことをアホ呼ばわりすることが多い方だからなのか...まあ、馬鹿にされているように感じてしまうのは、実際に自分の頭が良くないことが原因なので、大きな声で文句も言えないんですけど(笑)

 

「頭の良さ」って、色々ありますよね。人それぞれに「自分の基準」があるのを感じます。

 

堀江さんの場合は、「知識」や「理屈」、「行動」あたりを基準に「頭の良さ」を判断しているような気がします。

 

他には「テストの成績」や「学歴」を主な基準にする人もいれば、「人の心理をどれだけ読み取れるか」(堀江さんは、この点はあまり気にしていないように感じますが...それすら戦略かもしれませんね)を基準にする人もいます。「記憶力」を重視する人もいるでしょうね。

 

私は「全部あればいいなー」とは、もちろん思うんですけど、いま特に欲しいと思うのは「人の心理をどれだけ読み取れるか」です。

 

アプリのプロモーションを行うにあたって、多くの人が「良い」と思うような打ち出し方を思いつく脳みそが欲しい...。

 

私は、人と感覚がズレていたり、自分しか分からない表現をしていることに気づけなかったりと、自信がないんです😅(自分に都合よく考えてしまう傾向もあります...)

 

そういう場合は、人の意見を聞くしかありませんよね。

 

まずは身近なところ(嫁)に協力要請してみようと思います😁

 

本日は以上です!

やらない

news.mynavi.jp

 

本日は、「現金払い不可」なラーメン屋さんのお話。よくネタをご提供いただけるSugarさんから教えてもらいました😁

 

「現金払い不可」のお店ってまだ珍しいですよね?

 

ラーメン屋さんについて言えば、食券機を導入しているところは多いですけど、「現金払い不可」なんて初めて聞きました。

 

そして、このラーメン屋「まさ屋」さんの特徴はそれだけではありません。

 

お店に入るとカウンターの前にホワイトボードがあって、デカデカとこう書かれているそうです。

 

先払いでお願いします

うちのらーめんは具無しです

電子マネー・クレジットカードのみ

現金使えません

うちはほぼ立食いです(すいません)

 

そう、「かけラーメン」しか取り扱っていないんですって。メチャメチャ画期的じゃないですか?

 

私、この記事をみて、一つ思い出したことがあるんです。

 

「ビジネスにおける競争戦略とは“差別化”のことである」

「“差別化”とは、何をやるか?ではなく、何をやらないか?である」

 

私が読んだ数少ないビジネス書の中で、一番面白いと思ったものに、そう書いてありました。

「ストーリーとしての競争戦略」(楠木建著)

str.toyokeizai.net

 

ビジネスでお客様に選ばれるためには、他のお店との「違い」を作る必要があって、その「違い」を明確化するためには、「やらないこと」を決めた方が分かりやすいというのです。

 

確かに、「アレもコレも、何でも揃っています!」はお客様にとって便利ですけど、お店側のコストがかかる割には特徴がボヤけてしまいますよね。

 

それよりも「うちの店はコレが無い!でも、安いよ!」の方が、分かりやすい気がします。

 

「まさ屋」さんでは、

 

・現金を扱わない

・一種類のラーメンしか扱わない(細・太麺は選べます)

 

代わりに、ラーメンを一杯450円で提供しています。

 

確かに、これなら1人オペレーションでも何とかなりますし、人件費などのコストがかからない分、商品を安く提供できますよね!

 

とはいえ、この差別化に踏み切るのは勇気が必要だったと思いますし、よくやったものだな、と感心してしまいます。

 

そして、自分のアプリについても、ちょっと考えちゃいました。

 

「何をやらないか」か…

 

プログラムって、何でも盛り込めるだけに難しいです😅

 

とにかく、改善だけは怠らずにやっていこうと思いました!

 

本日は以上です!

53ギャラリー②

困りました…。

 

珍しく外食の予定(お客様)があるんですが、作業が終わりません…。

 

かつ、ブログのネタも思いつかないという…。

 

もう書き始めないと間に合わないので、本日は、こんな時のためにとっておいた奥の手。

 

53ギャラリー(以前、描いたイラストのまとめ掲載)その②です。

 

f:id:RedFish:20191106095918p:plain

f:id:RedFish:20191108105230p:plain

f:id:RedFish:20191111115651p:plain

f:id:RedFish:20191113082927p:plain

f:id:RedFish:20191115125555p:plain

f:id:RedFish:20191116105410p:plain

f:id:RedFish:20191117180545p:plain

f:id:RedFish:20191122220934p:plain

f:id:RedFish:20191123132005p:plain

f:id:RedFish:20191127010149p:plain

f:id:RedFish:20191130212516j:plain

f:id:RedFish:20191205093305p:plain

f:id:RedFish:20191212233023p:plain

f:id:RedFish:20191222160014p:plain

f:id:RedFish:20191223095510p:plain

 

(53ギャラリー①はこちら)

redfish.hatenablog.com

  

最近、ぜんぜん描いていないです…が、今やっている作業がひと段落したら、またブログに載せさせていただければと思っていますm(_ _)m

 

…奥の手も出してしまい、明日が乗り切れるか不安です😅

 

まあいっか(笑)

 

とりあえず、行ってきます!

お金から解放される

www.nikkansports.com

 

島田紳助さんが、misonoさんのYouTubeチャンネルに出演したって話題になっていますね。

 

僕には、島田さんが再びメディアに登場したことよりも、その話の内容の方が衝撃的でした。

 

「山田親太郎さんの全財産は11円」

 

11円ってマジですか!?って思いますよね😅

 

この収録にもタクシーできて、代金4,800円が払えず、300円おまけしてもらったそうです。

 

↑なんて可愛いもので、「無一文でタクシーに乗って、代金の代わりにiPadを渡した」とか、「その金欠ぶりを見かねて渡されたお金を、その場で人に奢ってしまった」とか衝撃的なエピソードがいくつも語られていました。

 

正直、羨ましかったです。

 

いや、ハッキリ言ってタクシーの件などは迷惑行為ですし、示談が成立している(相手が納得した)とはいえ、犯罪ですからね。

 

非難されて当然ですし、絶対にマネはしません。

 

でも…

 

『人よりお金から解放されている』って思いました。

 

「お金がなくても何とかなる」って、本気で思えているんでしょうね。仮に、示談ではどうにもならず、逮捕されることになったとしても、それすら山田さんには「何とかなった」と思えるのかもしれません。周りが「お金が無いなんて不幸だ」と思っても、本人はきっと気にもしないのでしょう。

 

生きていくために「お金を貯めなきゃ、守らなきゃ」っていうプレッシャーは、誰にでもあるものだと思っていました。

 

散財すれば翌日には後悔しますし、投資で失敗すれば落ち込むのが普通。

 

冷たい手で内臓を握られるような、そんな感覚から解放されているなんて、その一点においては羨ましいと思わざるを得ません。(人に迷惑をかけておいて「何とかなった」とは思いたくないですけどね)

 

周りに迷惑をかけずに、お金から解放される。

 

これを実現するには、元ZOZO社長の前澤さん並みのお金持ちになるしかないのかもしれませんね😅

 

まあ、羨ましがっているだけでは何ともならないので、とりあえず今日も現実的に生きていこうと思います😁

 

本日は以上です!

 

(話題の番組はこちら)

www.youtube.com

労働とは

headlines.yahoo.co.jp

 

久しぶりに、本日の「気になった記事」なんですけど。

 

ヤクザ100人アンケート。←こんな企画があるなんて知りませんでした。

 

内容について、特に思うこともないんですけど、インパクトだけで読んでしまった感じです😅

 

アンケートの1問目は、「これからもヤクザを続けたいですか?」というもの。

 

これに対して、65人はノーと答えているそうです。過去に比べると増えているらしいんですけど、ひょっとして、この割合ってどの仕事においても同じですかね?

 

むしろ、35%が続けたいっていう「継続希望率」のほうが、他の仕事に比べて高かったりして😅

 

そう思ってしまうくらい、これまでの自分の職場環境(アルバイト含む)において、「喜んで続けたい!」って人は少なかったんですよね。「辞めたいけど…、辞めてどうするの?」という人が大半でした。

 

よくよく考えてみると、「楽しいこと、進んでやりたいこと」を仕事にするのって、難しいですよね。

 

人が「やりたくないこと」を代わりにやるから、お金を貰える。←これが普通な気がします。…ってことは、人間は「やりたくないこと」を、皆んなで分担しながらじゃないと、生きていけないんでしょうか?

 

多分、そんなことないですよね。普通に生きているだけで、肩代わりして欲しいほど「やりたくないこと」なんて、あまり思いつきません。

 

おそらく、「ただ生きているだけ」というベースの上に、「楽しいこと」っていうのが乗っかっていて、その「楽しいこと」を作るために「やりたくないこと」が発生している…そんな感じです。

 

そうか、自分が楽しむためには、人も楽しませることが必要で(自分だけ…なんて成立しないですもんね)、そのために「やりたくないこと」をやるっていうのが仕事なのか。

 

ただ生きていたいだけなら、苦もないけど楽もない。仕事の苦悩は人のため、ひいては自分のためのものである!

 

あれこれ考え、結局、当たり前の結論に落ちました😅(分かりづらい文章を、つらつら書いてすみません🙇‍♂️)

 

数年前によく見かけたYouTubeのキャッチコピー「好きなことで生きていく」って、なんとも魅力的な言葉ですよね。でも、視聴者である私たちが楽しんでいる分、ひょっとしたら職業YouTuberも6割ぐらいは「辞めたい…」って思っているのかもしれませんね😅

 

本日は以上です。

ついに

なんとか…リリースすることができました!😭

 

何回も説明を書くとくどいので、以前のものを添付させていただきます🙇‍♂️

redfish.hatenablog.com

 

ダウンロードはこちらから。 (無料、かつ個人情報の登録は一切不要です。はてなブログは現状、一部のURLからしか投稿できません🙇‍♂️)

 

iOS版)

apps.apple.com

 

Android版)

play.google.com

 

少し前から、このブログをご覧いただいている方には、私の遅〜い仕事ぶりがバレバレなのですが、時間がかかった分、使い勝手はかなり向上できたと思います!😁

 

ボタン操作のみで、投稿できるようになりました!

 

「自分の作品をもっと見て欲しい!評価して欲しい!」という方に、試してみていただければ幸いです。

 

もちろん、「人の作品を見るのが好き」という方も大歓迎😁

 

Twitter】とか【YouTube】って、成功するのは難しいと分かっていても、「好きだから、これで成功したい!」って時間と情熱を注ぎ込んでいる人がたくさんいると思うんです。(僕も同じ。アプリで成功したい)

 

でも、後発が先駆者達に追いつくには、どの舞台も成熟しすぎているんですよね。

 

心血を注いで、自分では「すげー頑張った!」って思える作品でも、一言のツイートと同様、タイムラインには数十分しか残っていられない。

 

ポストリーグは、「後発でも、内容だけで戦える環境が欲しい!」「人のを見れば、自分のも見られる仕組みが欲しい!」という自分の想いから作ったアプリです。

 

本当に「良いもの」でなければ、広まることはないのでしょうけど、やっぱり多くの方に試してみて欲しいと願うのです。

 

「これ、面白いね!」って、言って貰えるものだったらいいなぁ。

 

 もし、試してみていただけるようなら、悪いところを中心にご意見をいただけたら、とても有難いです。

 

テストは結構やったつもりですが、なにぶん腕がイマイチなので、しばらくはアップデートが続くかもしれません。何卒ご容赦くださいますよう、お願いいたしますm(_ _)m